ロタ島について  >>ロタの基本情報

■ロタ島の魅力

まず第一に、手付かずの自然が豊富に残っていること。観光客の数が少ないので、さまざまな熱帯魚が泳ぐ美しいビーチもプライベートビーチのような感覚です。また島の北東部にある「バードサンクチュアリ」では珍しい鳥たちを観察できます。近代的なショッピングセンターなどは何もありませんが、「波の音を聞きながらボーっとする」という最高の贅沢が味わえます。夜に空を見上げれば、満天の星空が広がっています。「人の温かさ」もロタの魅力の一つ。現地の人はとてもフレンドリーで親切です。

ロタ島ってどこにある?

グアムとサイパンの中間にあります。サイパンと同じ、北マリアナ連邦に属します(グアムはアメリカ領)。日本から直行便はありません。成田空港発の場合、以前はサイパンで乗り換えるルートが主流だったのですが、サイパン〜ロタ間の主要路線だったPIAが撤退してしまい、現在はグアム経由で、グアムからはコンチネンタル航空傘下のケープエアで行く方法がほとんどです。サイパン〜ロタは、地元の人御用達のフリーダムエアという小さな飛行機もあります。日本からの予約は難しいのですが、ココナツビレッジホテルに宿泊する場合は、ココナツビレッジが予約を代行してくれるようです。

■ロタ島の広さは?


山手線の内側くらいらしいです(右上の地図、ホントはもっと日本が大きい)人口は約3500人。フィリピンなどからの労働者も多い。


■言葉は?

現地の人はチャモロ語と英語を話します。日系のホテルには日本人スタッフがいるので、日本語で大丈夫。



■ホテル

日系のホテルが3軒(ココナツビレッジホテル、ロタホテル、ロタリゾート&カントリー)。そのほか、ローカル系のホテルがあります。



■通貨

米ドルです。日本で両替したほうがレートがよい。ホテルやレンタカーショップ、ストアでもクレジットカードが使えます。でも使えない店もあるので、ロタにいくときは現金やトラベラーズチェックをやや多めに用意しましょう。



■島内の交通手段

タクシーやバスなど公共交通機関はありません。ホテルの送迎に頼るか、レンタカーを借りましょう。レンタカーは日本の免許証で運転できます。



■食べ物、水

ホテルでは日本食なども食べられますが、ロタに行ったらぜひ現地のチャモロ料理にトライしてみましょう。チャモロ料理によく使われるチャモロソース(現地ではフィナデニソース」という)は、醤油ベースなので日本人の口に合いやすいと思います。ロタでは地下水が豊富なので、水道水がそのまま飲めますが、ストアではミネラルウォーターも売っています。


←Love Rotaトップページへ戻る