Travel Tips >>旅の準備

旅の準備

■どんなものをもっていけばよい?
 
・夜、肌寒いこともあるので、薄手の長袖で羽織れるものが一枚あると便利

旅行用の室内スリッパ(ホテルにある場合もありますが)

洗濯バサミ&ロープ
水着や下着などを洗ってほしておくために。ソンソン村にコインラインドリーもあります。ロタリゾート&カントリーではランドリーサービスがありました。ココナツビレッジでは特にランドリーサービスはありませんが、ルームサービスのおばさんが洗濯物を洗ってくれました(チップで)

シュノーケルセット
日系のホテル、テテトビーチではレンタルできますが、自分のサイズに合ったものが使いやすい。ダイブショップに行けば、1年中購入できます。

アクアシューズまたはマリンブーツ
コーラルガーデンビーチでシュノーケルをするときは岩場を歩くのでアクアシューズか、ダイビング用のマリンブーツが必須。ビーチサンダルだと怪我をしやすいうえ、岩場が滑りやすいので危険です。アクアシューズはアウトドアショップ、マリンブーツはダイブショップで購入できます。私はシュノーケル、マスク、フィンと一緒に、ブーツをダイブショップで購入しました。フィンはブーツの上から履くタイプです。シュノーケル用のフィンは素足で履くタイプもありますが、ブーツの上から履くタイプだとブーツを脱ぐ手間がいらないので便利。
テテトビーチでもサンゴのかけらが落ちている場所があるので、お子様には水中でも脱げない靴を履かせてあげたほうがよいかもしれません。

軍手
シュノーケルをするときに。テテトビーチでも浅瀬にサンゴがある場所があるし、コーラルガーデンは岩場からエントリーするので手を怪我しないよう軍手があるとよいです。現地のストアでも軍手を売っています(ダイエーの向かいのミッドタウンマーケットで売ってました)

ポケットティッシュ
日本のホテルのようにティッシュを置いてないんですよ(ロタリゾートはあったかも)。私はロタに着いた夜にストアで1箱かっちゃうんですけどね。ちなみに、ロタの公衆トイレは大抵トイレットペーパーがあります(が、なぜか鍵がないところもある。トイレットペーパーはあるのに。なぜ?)

水中カメラ
熱帯魚と一緒に写真を撮るために。私はデジカメ用の防水ケースを買いました。防水ケースには、デジカメメーカーが機種専用に作っていて水深30〜40mまで大丈夫なものと、「アクアパック」というビニールケースのようなシュノーケル用のものがあります。前者は1万数千円〜2万円程度、後者は2000円〜程度です。私が持ってるのは前者のほう。ダイバーではないけれど・・・。

双眼鏡
バードサンクチュアリで鳥を見るなら。眼下にはたくさんのアカアシカツオドリの巣があるので、双眼鏡で覗くと楽しいですよ。

運転免許証
レンタカーを運転するために。日本の免許証で大丈夫。

クレジットカード
レンタカーを借りるとき、身分証明書代わりになります。



■変圧器、コンセントアダプターは必要?
 
基本的にはいりません。ロタの電圧は120V(日本は100V)ですが、ドライヤーなどは短時間なら普通に使用できます。デジカメやビデオカメラ、ノートパソコンの充電器の場合、多くの製品が100V〜240Vまで対応しています。充電器の「INPUT(入力)」という欄を見てください。100-240Vと書いてあれば、海外でも使用できます。100Vとなっていれば日本向けの仕様ですので、長時間使う場合は変圧器が必要です。コンセントの形状は、日本のプラグがそのまま挿せます。

←Love Rotaトップページへ戻る