Travel Tips  >>レンタカーを借りる

 レンタカーを借りる

■レンタカーは必要? どうやって借りる?

ロタにはバスやタクシーがありません。レンタカーがあると、好きな時間にビーチに行ったり、ストアでおやつや飲み物を買いにいけたりと、行動の自由度が高まります。日本の免許証で運転できます。3泊4日など短い滞在期間を有効に使うなら、レンタカーを借りるとよいでしょう。

「運転が不安」というなら、ソンソン村のレストランは無料送迎をやっているところも多いし、ホテルの送迎サービス(有料)を利用する手もあるので、無理に借りる必要はありません。

空港にはエイビス、アイランダー、バジェットの3社のブースがあります。エイビス、バジェットはホームページにはロタ営業所の情報が掲載されていませんが、日本にある海外用の予約センターに電話すれば(もちろん日本語で)、ロタでのレンタカーを予約できます。アイランダーもファクスなどで事前に日本から予約することは可能です(こちらは英語で)。
ロタでよほど大きなイベントがない限り、現地についてからの予約でも大丈夫です。

AVIS
http://www.avis-japan.com/

Budget
http://www.int-acc.or.jp/budget/home.htm

ISLANDER RENT A CAR
Tel.(670)532-0901
Fax.(670)532-0902
※ロタの国番号は1(アメリカ)です
http://www.islanderrentacar.com ←つながらない

ロタが初めてなら、ホテルでレンタカーを手配してもらったほうがよいでしょう。何かトラブルがあったときに安心です。またいきなり知らない道を走るより、初日や2日目にホテルの送迎サービスやツアーに参加してロタの道路状況を見てから借りたほうがよいと思います。ホテルのスタッフに頼めば、ホテルまでレンタカーを持ってきてくれますし、返却もホテルでOKです。ホテルによってはレンタカーの手数料を取る場合もあるようです。ちなみに私がいつも宿泊しているココナツビレッジホテルでは手数料を取っていません。事前にココナツトラベル(ココナツビレッジの日本での連絡先)にメールするだけで、レンタカーを手配してくれます。感謝!


2004年2月にレンタカーを借りたときの料金
アイランダーレンタカーで4ドアATのトヨタ・エコー(日本名プラッツ)を借りた場合

車 $39.5
CDW(車両保険) $12.5
PAI(搭乗者保険) $4
COMP(総合保険。車両保険でカバーされないタイヤ回りの破損、盗難、火災、物損) $4
合計$60(1日)


※レンタカーの価格は改定される場合があるので、参考にしてください
※書類は英語で書かれています。内容をチェックし、また車体の傷などの場所を確認してから書類にサインしましょう
※基本的にガソリンは満タン返しです。ガソリンスタンドはソンソン村の入り口にあります


※車を止めるときは椰子の木の下は避けて。椰子の実が落ちてくる危険があります。右の車が「ECHO」です。以前はターセルが主流でしたが、古くなったため車を入れ替えたそうです

■海外で運転した経験はないのだけど・・・

ロタには信号もないし、車も少ないので、日本ではペーパードライバーという人でも大丈夫だと思います。駐車場も基本的に頭からつっこむように止めます。バックで駐車とか、まして縦列なんてありません。ただ右側通行ということには注意してください。日本では「Keep Left」ですがロタでは「Keep Right」です。右折は小回り、左折は大回りになります。運転者は自分が常に自分がセンターライン側にいるように注意していれば、すぐになれます。左ハンドルなので、ウィンカーとワイパーを間違えやすいですが(^^;。あとは、スピードメーターがキロではなくマイル表示なので、スピードを出しすぎないように。

■ロタの道路事情は?

最近は舗装された道が増えてきました。が、バードサンクチュアリに行く道や、ソンソン村の展望台(クロスポイント)に行く道は坂道なうえに舗装されていません。特に展望台への道はかなり急な坂道なので、雨上がりには通常のセダンで行くのはやめたほうがいいでしょう。

■地図を入手しよう!

日本のガイドブックに書かれている地図は、間違っていることも多いのです。ロタで運転するときにぜひとも手に入れたいのが、→この地図。レンタカーショップで「地図がほしい」と言えばもらえます(少なくともアイランダーレンタカーではもらえた)。中を広げると、島内の詳細な地図やソンソン村の地図のほか、ロタで見られる鳥の案内なども書かれています。

■すれ違う車には挨拶をしよう

ロタでは、別の車とすれ違うときには、見知らぬ者同士でも手のひらをパッと広げて挨拶します。ロタで運転するときはぜひ試してみてください。



←Love Rotaトップページへ戻る